職場の苦手な人に対して、私が取った行動とは~その2~

こんにちは。

丸山幸代です。

前回のお話の続きです。

前回のお話はこちら

職場で苦手な人がいた時、その人が「自分から挨拶をしてこない事」が嫌だと気づきました。そして、本当はもっとその下に本音があると。

 

突然ですが、その本音ってどこにあると思いますか?

聞いたことがあるかもしれませんが、本音は潜在意識の中にあります。

 

本音が何か? の前に。

 

心の仕組みを知る上で重要な、潜在意識のお話をさせて頂きますね~

 

潜在意識は、普段認識することができない無意識の領域です。そして「記憶の宝庫」と呼ばれています。過去に起こった印象的な事を記憶しているのです。

・見たこと
・聞いたこと
・感じたこと
・考えたことの全て

普段認識していなくても、全て潜在意識の中に記憶されていて、個人差がありますが潜在意識は90%~97%も占めているのです。

ちなみに、普段認識できる意識は顕在意識と言われています。

さて、本題の本音は何か、ですが。

 

私が職場の苦手な人に対して、本当は何に反応していたかというと。

私の潜在意識の中に「挨拶をしなければいけない」って思いがあったのです。

自分の中にこの思いがあるから、彼女が自分から挨拶をしてこないっていう行為が、私の潜在意識の中にある思いに刺激を与え、それが気になってしまっていたのです。

 

人は自分の中に無いものには反応しないのです。

 

つまり、彼女って人間だから嫌いとか苦手ということではなく。

 

他の人でも、同じ行為をしてくる人が居たら、反応してしまい、 苦手・嫌いに繋がってしまうのです。

 

そして、「挨拶をしなければいけない」って思いの下にも、色々な信念や強い思い込みとかがくっついているのです。

 

玉ねぎの層のようだと良く表現したりしますが。

そして、ここの部分を心理セラピー(心理療法)で癒すことで、反応の元が無くなって。

彼女が挨拶をしてこないって事に対して、前のような反応が起きなくなりました。彼女が自分から挨拶をしてこなくても、前のようにざわざわしなくなり。

「自分が挨拶すればいいかー」って、余裕が生まれたのです。

しかし、ここですっきり終わりじゃないのです(>_<)

 

「自分から挨拶をしてこない」って事に対しては、反応が無くなったのですが、実は彼女を通じてもう一つ!

 

大きな刺激を与えるものが出てきたのです。

 

その話については、次回お話させて頂きますねー

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA