Yukiyo について

心理カウンセラー/セラピスト&ソース公認トレーナー

RFT基礎コース(11月)・感想

 

こんにちは。心理セラピストのゆきよです。

 

突然ですが、皆さんはタイ古式マッサージって受けたことありますか?

 

私は、人生初のタイ古式マッサージを受けてきました!!

(ちょっと自慢気(*^^)v)

名古屋でセミナーをする際は、長年のセラピスト仲間でもあり、友人が経営しているタイ古式マッサージのサロンを、お借りすることが多いのですが、とても雰囲気が良くリラックスできるので、セミナーの際もとても評判がいいのです(*’▽’)

しかしまだ、一度もタイ古式マッサージを受けた事がなく、

今回時間が取れ、やっと受ける事が出来ました~

タイ古式マッサージで知っていることは、

「世界一気持ちがいい、マッサージ」とか「二人でやるヨガ」でしたが。。

 

彼女が教えてくれたのは、タイ古式は「二人で瞑想状態にはいっていく」ということでした。

その言葉が、私にはこんな形で感じました。

体の一つ一つの部位を、ストレッチと指圧で、

ほんとにゆっくり丁寧に緩めていく感じがYogaみたいで、

その瞬間に体に意識が向き、それぞれの部位を感じます。

そうすると、「ここにこんな硬さやこわばりがあった」とか「それが緩んで溶けて行っている」といった感じを、

セラピストと一緒に感じ、今この瞬間だけに意識が向く。

それが、とても気持ちが良く、心身ともにリラックスでき、

終わった時の写真が二人とも清々しい✨

本場タイや日本で修業をしている、サラパオのサロン。

季節の変わり目でお疲れの方、ぜひおススメです(*’▽’)

気になる方は、タイ古式サロン「Salapao」のサイトを覗いて見た下さいね☆

 

さて、今年最後となった名古屋での「RFT基礎コース」、今回もとっても楽しい2日間となりました。

今回の参加者様は、自己の癒しで他のセラピーなどを体験したことがある方々でしたが、RFT基礎コースを体験してみた感想を承諾にてUPさせて頂きます。

♢参加者様の感想♢

※個人の感想です。体験は人によって異なります。


手放せば楽になれるのは分かっていたけど、どうしても手放す気にはなれない。そんな自分の事を意気地なしだと自分自身に嫌気がさしていました。

RFTを実際に受けてみて、ネガティブな思いや感情も自己の内なる愛から必要があって起きていたんだという事が、体感をもって真に理解できる点。苦しいからこそ、思考レベルでは持っていていいんだと思い込むことを「受容」とはき違え、それによって余計に苦しんでいたことが分かりました。

今までことごとく無意識に蓋をしてきた思いや感情を丁寧にひも解いて、本質のパワーを味わい、自己のパワーを取り戻して行きたいです

アットホームな環境で、丁寧かつ親切に質問に応じて頂き、とても分かりやすかったです。ありがとうございました。1人1人デモセッションをして下さったお陰で、理解が深まったと思います。RFTを一人でも多くの人にしっかりと伝えたいという情熱を感じ、受けていて嬉しかったです。

(N.T様)


自己肯定感が低く、周りの目を気にしながら常に緊張状態で生きていたため、自分を受け容れて楽になりたかった。

RFTを受けてみて、思い立ったらすぐにできる事と、抵抗にすら寄り添える事が良いと思います

今後、仕事で嫌な事が起きた時に試してみたいです。

出て来た思いや感情を受容するだけで、体が楽なっていったので、RFTスゴイ!と思いました。エネルギーワークも楽しみにしています。

(A.S様)


1人1人が持つ、心の深い部分に関われる二日間は、

私にとって、とても楽しい時間でした。

ご参加本当にありがとうございました。

 

次回、名古屋でのRFT基礎講座は、来年1月頃を予定しています。

詳しい日にちが決まり次第UPしたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

 

RFT基礎コース(10月)・感想

こんにちは。心理セラピストのゆきよです。

 

最近、すっかり涼しくなり、台風や雨が続いていますが、皆さんは体調壊したりしていませんか?

台風などで大変な方達もいる中で、ラグビー日本代表が私たちに勇気を与えてくれましたね。

私は、ニュージーランドに住んでいたことがあり、それからラグビーが大好きになりました。

ラグビーを知らなかった方も、今回のワールドカップでの日本代表の活躍に、感動したり、勇気づけられた方も多いのではないでしょうか。

 

さて、今日は、先日名古屋で「自分で自分を癒すセラピー・RFT基礎コース」を行いました。その事について書いてみたいと思います。

 

「RFT基礎コース」とは、私たちの心や脳のしくみを学び、日々生活の中で起こる、自分ではどうしようもできない、心や体の反応を理解するため、そことどう向き合うか、向き合う方法(セラピー)を学ぶ場所です。

 

例えば、理由は分からないけど、

人に○○って言われるとすごく気になる。

人に○○って態度をされると毎回反応しちゃう。

など、頭では何故だかわからないけど、反応が起こってしまう事ってありますよね?

 

RFTでは、今わかるところ(意識)では分からないけど、潜在意識(無意識)では、そこには反応が起こる根っこがあるので、反応が起こると考えています。

 

反応の根っこに対して、セラピー(心理療法)を行うことで、自分の中でとらえ方が変わったり、気にならなくなったりします。そのやり方を学ぶ講座がRFT基礎コースです。

 

こういう講座って、すごく深い悩み(心の病気)がないと参加しちゃいけないって思っていませんか?

 

私も含め、心の病じゃないけど、

なんだか辛い、自分の事が分からない、生きづらい、自信がないなど、

誰でも持っている思い、感情を理解する為のコースなんです。

 

今回の参加者様も、普通に生活はしているけど、漠然とした不安、もっと自分らしく生きたいなど、そんな理由から参加して下さいました。

 

お二人の感想を、承諾にてご紹介させて頂きます。

 

≪参加者様の感想≫

※個人の感想です。体験は人によって異なります。


さらに自分を深く知りたいと思い参加させて頂きました。

今までネガティブな事を考えてはいけないと刷り込まれていたことが吹っ飛びました。受容することで本当の自分に出会える事にきづきました。

あらゆる感情や思いを受容するという方法を日常生活に活かしていきたいです。

このセミナーを受けて、考え方が180度変わりました。いかにもっと自分らしく人生を歩んでいけるかという気づきに感動し、震えました。

ぜひ実践させて頂きます。

(Y.Y様)


日々生活している中で、生きにくさを感じながら、もやもやしていて、これが何なのか理由を知って、生きやすいという感覚や気持ちになりたいと思い参加しました。

自分の良い所、悪い所(ポジティブ・ネガティブ)が良いダメっていう感覚ではなく、そういうすべての自分が自分であり、受け止めて上げる事で自分が好きになれて、生きている心地よさを感じました。

すべての生活の中の自分の感覚やその時の気持ちと向き合って、ありのままで生きていきたい。仕事やプライベートでフル活用していきたいと思いました。

今まで生きてきた中で、自分の中での苦しい気持ち何故なのか、ずっと辛かったのですが、それが何故なの分かったら、すーっと気持ちが軽くなり、目の前が明るくなりました。感謝いたします。

(S・K様)


ご参加本当にありがとうございました。

 

RFT基礎コースは、自分を理解する事につながるコースです。

もっと自分らしく生きたい、沸き上がる感情や反応との向き合い方を知りたい方、ぜひご参加お待ちしています。

 

次回 11月2日(土)-3日(日)2日間、 名古屋で開催します。

詳しくはこちらからご覧ください。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

職場の苦手な人に対して、私が取った行動とは~その3~

こんにちは。丸山幸代です。

 

職場で苦手だった人に対して、私は何が嫌だったのか。

前回お話したように、「自分から挨拶をしてこない」って事が嫌で、そのことには嫌悪感が無くなったのですが。

 

実は彼女を通じてもう一つ!

 

大きな刺激を与えるものが出てきたのです。

 

自分から挨拶をしてこない事については、気にならなくなったのに、それでも彼女のある点がとても気になっていました。

 

それは【いつも不機嫌そうに見えること】でした。

この不機嫌な人という事からも、潜在意識の中には

・「人に不機嫌な所は見せてはいけない」とか
・「不機嫌な人は好かれない」

とか いろんな思いがあることが分かったので、それらを癒してみたけれど。

 

それでも、彼女に対して反応すること自体が、すっかりなくなる事はありませんでした。

 

そこで何回かにわけて、彼女に対して何が気になるのか、自分の意識を見ていったときに、ようやく嫌悪感の元にたどりつけたのです。

 

それは、【子供の頃に感じていた母との記憶】だったのです!

 

前回のお話でお伝えしたように「潜在意識は記憶の宝庫」。

 

普段全く覚えていなくても、全て記憶されているのです!!

 

そうやって記憶しておくことで、もう同じ思いをしないようにとか、そういう事が起こったら、こう考えたら傷つかなくて済むとか、ちゃんと自分の身を守るために最善をしてくれているのです。

私の小さい頃の記憶の母はいつも忙しそうで、不機嫌そうに見えていました。

 

子供が3人いましたし、フルタイムで働きながら、家事もちゃんとこなしていたので、余裕がないのは当たり前だと、今なら理解できるのですが。

 

潜在意識の記憶の中では、母が不機嫌だった頃の記憶をちゃんと残しているのです。

 

セラピーで、私の中のその時の本音が出て来た時、びっくりしました。

 

「機嫌が悪くても、どんな状態でも、私の事を愛してほしかった」

そんな思いがでてきました。

 

大人の私からしたら、なんて難しい事をいうの?という感じなのだけど。

 

だって、今なら十分愛されていたと感じる事ができるから。

 

でも、この本音が出てきて「そうかー」ってなんか府に落ちたのです。

 

子供の頃の記憶の母は、本当にまじめで家事も仕事も完璧にこなしていたけど、とにかく忙しそうで、ずっと動いていました。

 

とくに、掃除をしている時の母は本当に怖かった( ;∀;)

 

私は、邪魔にならないよう膝を抱えて座布団の上にいた記憶が(笑)

 

そして「なんで機嫌がわるいんだろう」って思っていました。

それでも、子供の頃の私は、忙しくても、機嫌が悪そうでも、もっと私もみて欲しかったのだー!

 

この思いがなかったら、機嫌が悪くても「そんなこともあるよね」って思えたのだろうけど。

 

この思いがあったから、不機嫌な人を見るとその元となる記憶が刺激されて、この人はどうして機嫌が悪いのだろうって過剰に気になってしまうのです。

 

そして、この記憶もこの記憶のイメージについている思いや感情も心理セラピーで癒したのです。

そして、セラピーでその思いは癒されて。

 

機嫌が悪い人を見ても「そんな日もあるよね、そんな時はしょうがないよね」って思えるようになったのです。

 

そして、母に対して感じていた「不機嫌な時も自分を愛してほしかった」という声も、そんなに、忙しい思いをしてまで、一生懸命育ててくれてありがとうって気持ちに変わったのです。

 

だから、職場で苦手な人自体の問題では、まったく関係なかったのです(*’ω’*)

そして、今では彼女の事好きですし、大切な友人だとも思っています。

 

不思議なシステムだけれど、人を通じて、私たちは自分の心の中に何があるか見る事ができるのです。

むしろ、誰かがいるからこそ、自分の事が知れるのかもしれません。

 

そして、自分の中にあるものは、最善だから持っているのです。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

自分の感情との向き合い方を知りたい方はこちら

 

 



職場の苦手な人に対して、私が取った行動とは~その2~

こんにちは。

丸山幸代です。

前回のお話の続きです。

前回のお話はこちら

職場で苦手な人がいた時、その人が「自分から挨拶をしてこない事」が嫌だと気づきました。そして、本当はもっとその下に本音があると。

 

突然ですが、その本音ってどこにあると思いますか?

聞いたことがあるかもしれませんが、本音は潜在意識の中にあります。

 

本音が何か? の前に。

 

心の仕組みを知る上で重要な、潜在意識のお話をさせて頂きますね~

 

潜在意識は、普段認識することができない無意識の領域です。そして「記憶の宝庫」と呼ばれています。過去に起こった印象的な事を記憶しているのです。

・見たこと
・聞いたこと
・感じたこと
・考えたことの全て

普段認識していなくても、全て潜在意識の中に記憶されていて、個人差がありますが潜在意識は90%~97%も占めているのです。

ちなみに、普段認識できる意識は顕在意識と言われています。

さて、本題の本音は何か、ですが。

 

私が職場の苦手な人に対して、本当は何に反応していたかというと。

私の潜在意識の中に「挨拶をしなければいけない」って思いがあったのです。

自分の中にこの思いがあるから、彼女が自分から挨拶をしてこないっていう行為が、私の潜在意識の中にある思いに刺激を与え、それが気になってしまっていたのです。

 

人は自分の中に無いものには反応しないのです。

 

つまり、彼女って人間だから嫌いとか苦手ということではなく。

 

他の人でも、同じ行為をしてくる人が居たら、反応してしまい、 苦手・嫌いに繋がってしまうのです。

 

そして、「挨拶をしなければいけない」って思いの下にも、色々な信念や強い思い込みとかがくっついているのです。

 

玉ねぎの層のようだと良く表現したりしますが。

そして、ここの部分を心理セラピー(心理療法)で癒すことで、反応の元が無くなって。

彼女が挨拶をしてこないって事に対して、前のような反応が起きなくなりました。彼女が自分から挨拶をしてこなくても、前のようにざわざわしなくなり。

「自分が挨拶すればいいかー」って、余裕が生まれたのです。

しかし、ここですっきり終わりじゃないのです(>_<)

 

「自分から挨拶をしてこない」って事に対しては、反応が無くなったのですが、実は彼女を通じてもう一つ!

 

大きな刺激を与えるものが出てきたのです。

 

その話については、次回お話させて頂きますねー

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

職場の苦手な人に対して、私が取った行動とは~その1~

こんにちは。

前回、職場に苦手な人がいた時のヒントをお伝えしました。

今日は、実際に私が経験した事をお話させていただきますね。

何年か前に働いていた職場に、苦手な人がいました。

その時はシフト制の勤務だったので、その人と一緒の勤務だと、本当に憂鬱で。

 

そもそもどうして、その人の事が苦手になってしまったかというと、

・価値観が違う

・いつも不機嫌そう

・自分から挨拶をしてこない

そんな理由でした。

 

あなたの周りにも、そんな方はいませんか?

しかし、その頃すでに心理学を勉強し始めていたので、自分なりに探ってみたのです。

 

私にとって【彼女の何が一番嫌なのか?】と。

 

そしたら「自分から挨拶をしてこない」ってことだったのです。

 

今思えば、そんな小さなことでーって思うのですけど(/ω\)

 

その時は、本気でそんな事がストレスだったんですよね。

そして、彼女の行動がどんどん気になって、

自分の中にストーリーが膨らんでいき、

 

「彼女は私だけに挨拶してこない」

「自分の事が好きじゃないからだ」

「今日も挨拶してこない。。。」

そんなストーリーが勝手に広がっていきました。

 

後でわかった事なのですが、彼女は、他の人にも自分からは挨拶していなかったのです。

 

妄想って怖いですね( ;∀;)

 

この「自分の頭の中のおしゃべり」。

 

事実か分からないストーリーがくり広げられている時が一番辛いのです。

 

そんな経験はありませんか?

そんな時に、私がやった事。

 

それは、【私の中の思いを全部受け容れて、認めて上げた】のです。

 

例えば、

「挨拶してこないなんて、むかつく」

「なんで私にしかしてこないのかな、悔しい」

「嫌われているって感じると、悲しい」

「でも、人を嫌いになったらダメって思うから辛い」 とか・・・・

 

ただ、今感じている事に気づく。

 

それだけでも、とても力があるのです!!

今感じている思いに気づくと、

「嫌な出来事に対しての思考や感情」と「私」が同化している状態に、

スペースが生まれ、すこし客観的になれるのです。

 

そして、本当は「挨拶をしてこない」ことが辛いのではなく。

 

「挨拶してこない」と気づいている意識の、もっと下の方に、本音が隠れているのです。

 

どんな本音が隠れているのか。

 

それは、次回お話させていただきますね。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

職場でどうしても苦手な人っていませんか?

こんにちは。

9月に入って少しずつ秋の気配感じませんか?

私の住んでいる松本市は、9月に入って朝晩すっかり涼しくなって秋めいています。

季節の変わり目は、体調の変化や心境の変化とか感じやすくなりますね。

体調を崩されたりしていませんか?

今日は職場で苦手な人がいるけど、関わらなければいけない時のヒントについてお伝えしたいと思います。

 

仕事だと関わらないわけにいかないので、苦手な人がいる職場は本当に辛いですよね(>_<)

 

そんなとき、皆さんはどうしていますか?

 

とりあえず割り切って我慢して接していませんか?

 

職場の苦手な人をテーマにして頂いた方からの、

セッションにいただいたご感想をご紹介しますね。

※個人の感想です。体験は人によって異なります。

========

今日電話がかかってきて、声の大きいのはいつものことだけど、話していて今まで感じていた、私がぎゅっと心を閉ざして入れないようにしていたエネルギーを
全く感じることなく、話していても相手のエネルギーが、私の体を通り抜けて溜まらない!

 

嫌だと感じてもいいと、昨日受け入れたからか?




今まで受け入れたくなくて、彼のエネルギーを遮断していた力が抜けて、するっと話を聞くことができました。


たった2回でこんなに楽になれて、本当に昨日このテーマもう一度トライして良かったです。


ありがとうございます。
========

仕事は逃げられない事なので、このテーマに勇気をもって取り組まれたからこそ!

 

苦手な方に会ったときに、反応や感じ方が前と変りましたね。

 

変化できて本当に良かったですね。

苦手な人がいる時のポイントの一つとして、

 

・「苦手だって思っていい」と思えている気持ち

・「苦手だって思ってはいけない」という気持ち

 

この両方が同時にある時ってありませんか?

 

「そう思ってはいけない」という気持ちがあるとき

 

その嫌悪感が自分の中に留まり、その感覚がより強くなります。

 

そんな時は「そう思ってはいけないって」思っている事に気づき、

「そう思ってもいいよ」って、声をかけてあげると、楽になったりします。

 

よかったら試してみてくださいね。

 

苦手な人間関係から、楽になりたい方はコチラ!

 

 

ソース・ワークショップの感想②

7月13日-14日に名古屋でソースワークショップを行いました。

今回はグループワークショップで4名参加して頂きました。私のワークショップでは、お1人お1人に満足して頂けるよう、丁寧にフォローをさせて頂きたいという思いから、最大4名までを定員とさせて頂いています。

今回のワークショップでは、グループが生み出すエネルギーを感じました。ソースワークショップでは、あらゆる角度から自分の事を振り返り、ご自身の振り返りでの気づきをシェアーをして行きます。シェアーをすると、ノートに書いた時には気づかなかった事や、他の方の話を聞いた際に、自分の中にもそれがあったと気づかれたり、さらにたくさんの気づきが生まれ、より深い気づきが生まれやすくなります。その為シェアーし合う事を大切にしています。参加者全員が、自分の内側を見つめ、自分のソース(源)を探すという同じ目的を持っているので、安心安全の場で、いつも発言が苦手な方も、シェアーが心地よくなる空気が生まれやすくなります。

私が受講者だった時も、普段は周りを気遣い言葉を選んでしまったり、発言を控えたりすることが日常ではよくありましたが、ソースワークショップでは、安心安全の場で自分を表現する事ができました。こんなに自分を表現する事が気持ちが良いと感じれたのも、ソースワークショップの魅力だと私は感じました。

♢参加者様からの感想♢

※個人の感想です。体験は人によって異なります。

(承諾頂いた方のみ公開しています)

♦自分の人生の生きる目的を知りたいと思い受講しました。少人数で充実した内容のものでした。ワークショップを通じて、自分の生きる目的だけでなく、より自分の事を知る事が出来ました。心地よく作業を進められるように、細やかな配慮をして頂き2日間を終える事ができました。(YWさん)

♦自分の軸を確認してしっかり内に立つという思いで参加しました。講師の細部に至るお気遣い、温かく安心の場の提供を頂き、参加者の皆さんと正直に自分の内にあるものを分かち合い受け取り合う充実の2日間でした。自分の思い、気持ち感覚でありながら気づかずにいたものが明らかとなり発見できたこと、気付いていたけれど、しっかり言葉に表現できるまでに至っていなかったものを表現して確認できたこと、それらは改めて私の内に輝きを放って取り戻せたと感じます。このワークショップで得た輝きを大切に守り、さらに広げていきます。(SJさん)

♦ここ数年ワクワクがなく、本当に求めているものでワクワクをしたかったから参加しました。初めてで、はじめは緊張していたのですが、やっていくうちに緊張もとれてあっというまでした。なかなか自分自身の思い出などを思いだすことがないのでよい経験ができました。途中やっていて本当に自分の本質は出てくるのだろうか不安になりましたが、トレーナーさんが寄り添って導いて下さったので、落ち着いて地図を書くことができました。(MCさん)

ご参加本当にありがとうございました。

自分の本質・自分にとってなくてはならない要素・自分らしい人生の方向性を知りたい方、ぜひご参加お待ちしています。

リクエスト開催も受け付けております。ご希望がある方は、お問い合わせよりご連絡下さい。

ソースワークショップ後の気づき

先週名古屋で、マンツーマンのソースワークショップ発見編を行いました。熱田神宮が目の前に広がる素敵なサロンで、リラックスした素敵な時間を過ごしました(^-^)

マンツーマンのワークショップは、他の参加者様を気にせず、じっくりと自分と向き合えたくさん質問ができたりよりリラックスして安心して話せたりします

今回のワークショップでの気づきと、参加様の感想など承諾を頂いた上でご紹介したいと思います。

熱田神宮

参加者のHさんは、始まる前に「自分の中にワクワク」があるか分からない、参加の目的は「自分が何に幸せを感じているのか知りたい、それを知って人生の方向を明らかにしたい」と言っていました。ところがHさんは、ワークショップが始まったら、1つ1つの質問に対して何ページもワクワクを書いていました。その時、私はびっくりしました。ワクワクを自分で自覚していなくても、ちゃんと内側にはたくさんあって、それに意識を向けただけで、そこにある事に気づいていく

ソースではあらゆる角度から質問をして行きます。それにより、自分の内側に意識が向き、それがある事に気づいていきます。Hさんは本当にたくさんの素敵なワクワクをシェアーして下さいました。Hさんの中は、まさにお宝がたくさん眠っていて、私も感動致しました。

ソースワークショップでは、自分のソースを探す前に、現在の自分の目線がどこに向かっているかを確認していきます。自分の意識が自分の外の世界の基準に囚われているか(社会通念や恐れなどから自分を委縮させているなど)、それとも自分の内側に感じる基準をベースにしているか再確認していきます。

今の自分の意識の目線に気づく事で、意識が内側に向かいやすくなり、自分の今までのパターンに気づけたりします。その気づくということが何よりも大切な事です。気づくことで、私たちは客観的になれ、選択することができるのです。

しかし、ソースでは急激な変化を勧めていません。今までの自分も大切な一部なので、今までの自分を尊重しつつ、無理がない、心地よいスピードで、自分の内側の喜びのを基準に自分に取り入れていく事を大切にしています。

こころの小径

-ソースワークショップの感想-

※個人の感想です。体験は人によって異なります。

丁寧に質問して下さって多くの事に気づきを得ました。外側の基準に自分を当てはめて、本当に苦しかったんだなと思いました。これからは自分を自由にしてあげたいです。

自分のソースや方向性を発見してみてどう感じましたか。
全て自分の中からでてきたものなんだと思うと、静かに喜びが湧き上がってくるように感じました。ただやっているだけで幸せ、作ってみたい、経験したいという心地よい衝動がこんなにもあったんだと、改めて源や地図という形で目の前にあると胸がいっぱになります。

どのように今後自分に活用して行けると感じましたか。
迷ったり、悩んだりしたときにワークショップで作成した地図などを眺めて自分の在りかたを確認することができます。心地よさや喜びを感じ、自然な方向を向いているか自分に立ち返ってみることを意識したいです。

ワークショップを受けてみてお勧めしたい点はありましたか。
思っていた以上にたくさんのやっていて楽しいことや好きなものがあるんだなって思いました。徐々に深く源が絞られていく過程も楽しく、人生で自分の中の興味、関心について自身に質問したことはなかったと思います。ワークショップの体験そのものが私にとって非日常で驚きに満ちたものでした。お勧めがたくさんあって絞れないので、多くの方に是非このワークショップを体験していただきたいなと思います。

参加者様と二人で写真

たくさん感想を書いて頂き、本当にありがとうございました。Hさんが無理なく自然な形で、自分のソース(源)を中心に人生を展開していく事を応援しています。ご参加本当にありがとうございました。

次回は7月13日-14日に名古屋でグループワークショップです。興味がある方、ぜひご参加下さいませ(^^♪

内面の変化で見える世界は変わる

名古屋から松本に引っ越して、1年が過ぎました(^^)/

松本での生活は、快適です。

 

私が2年前位から描き始めた “夢の生活は”

 

「ゆったり開放感がある少し田舎に住み、名古屋にも行きたいときに気軽に行ける生活」でした。

 

それが自然の流れで叶い、松本に住みながらも、名古屋にも頻繁に行けている。

 

でも実は、松本に初めて住むのではなく、

松本で生まれ、20歳まで住んでいました。

 

その後、名古屋やNZ に住んだり、今までの人生で小さな引っ越しを含め、単身で20回位引越しをしてきました。

 

なぜ松本を離れたかというと、

 

今だから言えるのですが、

 

以前の私が感じる松本への思いやイメージは、

 

暗い、寂しい 、置いてかれる

 

なぜか、子供の頃からそんな風に感じていました。

だから、早く違う世界を知りたいという思いをずっと持っていました。

 

今思えば、それが原動力となり、長年色々な所を転々とし、色々な経験をさせてくれました。

 

だから、その嫌な思いにも、実はメリットがあったのです。

 

しかし、そんな思いを感じていた、松本にまた住むことになり、

 

なぜ心地良く住めているのか?

 

それは、私にとっての松本へのイメージ思いが、

 

暗い、寂しい 、置いてかれる

↓↓

穏やか、心地がよい、リラックスできる

 

にある事をきっかけに、変わったからです。

 

自分の内面の思いが変化する事で、

 

見える世界は全く違って見える。

 

そんな事って、よくある。

 

そんな風に松本が心地よくなった頃、10代の頃の知り合いの松本の方と、23年間振りに再会し、結婚する事になり、松本に住み始めました。

 

内側の思いが変わると、想像もしていなかった事が起こる。

 

戻るつもりがなかった、

松本に再び住む事になり、快適に過ごしている。

 

内面の変化で見える世界や起こる事も変化していく

 

外側の世界で自分のすべてが決まるのではなく、

 

自分の内側からの思いで外の世界の見え方が変わる。

 

だから、面白い(^^♪

 

ソースワークショップの感想

こんにちは(^-^)

名古屋での2日間のソース・ワークショップ発見編が修了しました!!

とても、充実したワークショップとなりました。

参加者の方からワークショップ後の感想を頂けたので、承諾にてUPしたいと思います。※個人の感想です。体験は人によって異なります。

♦以前から自分の存在意義を知りたい気持ちがあり、今回のワークショップのお話を頂き参加しました。自分の潜在意識を掘り下げていく事で今後の進むべき方向性や本質を知る事ができ、とても満足しています。人から指摘されて決めていくのではなく、自分自身で答えを導きだしていくので、とても納得のいく内容でした。自分がどう生きていけばいいのか、わからず悩んでいる方達には非常に約に立つと思います。学んだことを活かして人生を楽しく過ごしていきます。ありがとうございました。

♦声のトーン、説明の仕方、質問に対する返答の分かりやすさが良かったです。常に安心をもって受講する事ができました。

(参加者Yさん)

受講本当にありがとうございました。

私自身とても充実して、楽しい二日間を過ごす事ができました(^-^)

ソースワークショップでは、自分の中から出て来るものから、自分の本質を見つけて行きます。それがソースの地図となるので、トレーナーにもなにが出てくるのかはわかりません。でも、その方にとっては、納得ですというような、大きな気づきがあり、それが具現化され、感動されることが多いです。

Yさんも自分の地図にすごく納得していて、まさにこれですと言う感じでした。

自分の軸ができ、自分の本質・方向性がわかったので、そこに向かっていくYさんのこれからが本当に楽しみです。

自分の本質・自分にとってなくてはならない要素・自分らしい人生の方向性を知りたい方、ぜひご参加下さい。