RFT基礎コース

❁自分で自分を癒せるセラピー❁

RFTとはResistant Freedam Therapyの略で、日本語に訳すと「抵抗を自由にするセラピー」という意味です。近年注目されている「エネルギー心理学」に分類され、負担の少ない、ネガティブな思考や感情にアプローチできる、感情を受容するテクニック、心理療法(心理セラピー)です。

どなたでも無理がなく優しく簡単に、日々のストレスケアーに使って頂けます。

自分の中にネガティブな感情が沸き起こった時、あなたはどうしていますか?

☑考えないように、見ないようにしている

☑頭の中でぐるぐる考え続ける

☑誰かに話す

☑インターネットや本などで対処方を探す

☑占いなどに相談する

☑ポジティブシンキングで乗り越える

☑自分の好きな事をして忘れる

これらの方法でも一時的に気が紛らわされて、楽になるかもしれません。

しかし、ある感情が沸き上がった時に、感情と向き合うことを避けると、感情が自分の中を流れ、良い方向に変わったりすることを妨げてしまいます。そして潜在意識と呼ばれる部分に自動的にためこまれていきます。

なぜ、感情や思いを表現することが大切なのか

私たちは、日々色々な感情や思いが自然と沸き上がってきますよね。それは、自分が意図して沸き上がらせているわけではなく、持って生まれた自然な力

そして、赤ちゃんの頃は、自然にそれを表現します。泣いたり、笑ったり、怒ったり、甘えてみたり。そうやって感情を出すことで自然に心身のバランスを取っています。しかし、成長していくにあたり、それがいつからか自然にできなくなったり、一般的にネガティブなイメージとされている感情、悲しさや怒り嫉妬などを、出すことはいけないと思ったり、我慢したり、感じないように抵抗したりすることが増えていきます。

感情や思いを抑え込むと、身体的にはそれが出てこないように筋肉を緊張させ、無意識に自律神経が筋肉を緊張させてストレスに対応しようとします。この緊張状態が続くことにより、自律神経のバランスが崩れ様々な症状につながりやすくなります。人により影響は様々ですが、寝ても疲れがとれず、無気力なったり、体が重だるく、何も楽しく思えなくなったり、感情のコントロールがうまくできなくなったり、うつや精神疾患、身体的な病気などにつながりやすくなります。

RFT基礎コースを通じて、自分の中に安心感を育てていけます!

RFTは、誰かを必要とすることなく、自分で自分の中にある思いや感覚に気づき、受け容れていけるセラピーです。

そして、どんな時でも「私は大丈夫」と自分で自分を認めて、安心できる瞬間を自ら生み出し、築いていける力を育てていけます。

また、日々の出来事や人間関係で、マイナスな感情を持つことに×をつけ、ためこんで、心や体に不調が出ていたことも、すぐに自分のキモチを感じられるようになることで、ネガティブな思いを引きずることなく、我慢することなく、ストレスの少ない毎日を過ごせるようになり、感情との上手な向き合い方がわかるようになります。

RFTの癒しのメカニズムと3つの特徴

①どんな思いも受容する

RFTではすべての感情をエネルギーと捉えています。

どんな感情であれ、それ自体には良いも悪いもなく、それが私たちに苦しみを与えるわけではなく、自然に沸き上がる感情を抑え込んだり抵抗している時私たちは苦しみをより強く感じます。今ある思いや感情に気づき、受容をして行く事により、本来の流れに循環していくのを助けてくれます。

ネガティブと捉えていた思考や感情を本来ある自然な力として、ありのままに受け容れる事により自分自身の中で融合し、今まで感じていた物事に対しての捉え方や、なかなか手放せなった思いや感覚が変化し、前より気にならなくなったり、物事への捉え方が変わったり、考え方や行動が変化し、自己受容や自己理解につながったりします。

②メリットに気づく事により、不快だと思っていた思いが最善に変わる

RFTの特徴として、ネガティブな感情やどんな思い感覚も「消す・失くす」という向き合い方ではなく、それらは、潜在意識では必要で起こっていて、役割や意味があり、生きるために大切な力であると捉えています。

その感情や思いの奥にある「本当の役割(メリット)」や「本質(力)」に気づく事により、自分の本来の力を取り戻す助けに変わります。

3つのテクニックがあるので色々なアプローチを試せる

RFTには3つのテクニックがあります。

人それぞれに五感での感じ方が違うように、人によってどこからアプローチしたら、入りやすいかが違ってくることがあります。3つのテクニックがある事により、その時々のシチュエーションに合わせて、色々な方面からのアプローチを試してみる事ができます。

  • 今感じている思い感情にアプローチ
  • 過去の出来事や記憶(イメージ)にアプローチ
  • 身体に感じている感覚よりアプローチ

♢こんな方におすすめ♢

  • もっと自分らしく生きたい
  • こころの仕組み・セラピーに興味がある 
  • 日々のストレスを自分で緩和できるようになりたい
  • 自己愛を高めたい(自己理解や心の安定)
  • ネガティブな感情の向き合い方を知りたい(絶望感、孤独感、無気力、悲しみ、疲労感、行き詰まり、表現できない苦しみなど)
  • 身体的な不調を緩和したい
  • うつ、パニック症状、不安症状を緩和したい 
  • トラウマや過去の出来事からの症状を緩和したい  など...

RFTジャパンのサイトを参考にしたい方は、下記をクリックしてご覧ください。↓↓↓

RFT(Resistant Freedom Therapy Japan) のサイト


RFT基礎コース(2日間)の内容

ご自身の癒しをされたい方向けに、私たちの心の反応の概念とともに、セラピーによって心の仕組みやセラピーのやり方を学ぶコースです。

  • こころの仕組み
  • RFT 3つのテクニック(日常的な思い感情、過去の出来事、身体感覚)
  • セルフワーク(一緒に使い方を体験で練習していきます)
  • 自己ワークのヒント(いろいろなパターンのとらえ方など)

ご自宅に帰られた後、自身の癒しや日常でのストレスケアーに使って頂けるよう、やり方だけでなく、体験でつかんで頂けるように、少人数制のクラスでわかりやすく丁寧に基礎をお伝えして行きます。

基礎コースは自己の癒しの為のコースです。

他者にRFTをされたい方は、RFT基礎コースを受講後、プラクティショナーコースに参加が可能です。

※講座はセラピーのテクニックを学んで頂く場になるので、感情の反応が強く出る方の個人的な対応は出来ないことをご了承下さい。

反応の強い方は個人セッションを受けて頂くことをお勧めしています。


【受講費用】48,000円(税・テキスト代込) ・再受講30,000円

【講師】RFT基礎コースインストラクター 丸山幸代(まるやま ゆきよ)

※基礎コースは、20歳以上であればどなたでもご参加頂けます。

※開催日は下記の10月(平日)と11月(土日)の講座からお選び頂けます。ご希望の日にちのお申込みフォームよりお申込み下さい。


【開催日】2019年10月16日(水)-17日(木) 2日間 (残席2名)

【時間】10時〜16時30分 (多少延長する場合もあります)

【開催場所】名古屋駅周辺(お申込み後詳しい場所をお伝えします)

お申込みはこちらをクリックして下さい→10月16日-17日お申込みフォーム


【開催日】2019年11月2日(土)-3日(日) 2日間

【時間】10時〜16時30分 (多少延長する場合もあります)

【開催場所】名古屋駅周辺(お申込み後詳しい場所をお伝えします)

お申込みはこちらをクリックして下さい→11月2日-3日お申込みフォーム


※上記のRFT基礎コースの開催日の日程が合わない方で、開催日のリクエストがある場合は、お問い合わせよりご連絡下さい。

ご希望を考慮し、開催を検討させて頂きます。