こころのメンテナンス

 

はじめまして、心理カウンセラー&セラピストのゆきよです。

 

リラクゼーションセラピスト(体のケアーのセラプスト)をはじめて8年経ちますが、

2010年にロンドンのIntegratedカウンセラー養成講座を受けて、

帰国後すぐに日本の大手リラクゼーションサロンで働き始めました。

 

 

その大きな理由は日本ではリラクゼーションサロンがたくさんあり、体のケアーをす

る人が多くなっていたからです。

一般的にカウンセリング(心のケアー)より、

体のコリとかむくみとか体の疲れをとる事にお金を使う方が本当に多いです。

 

 

でも、この8年何人もの方のお体を触らせて頂いて、

気づくのは体はあくまで表面的な症状で

 

その体のお疲れの根本は違う所から来ている場合が多いです。

 

でも、マッサージを受けるとその時、一時的には楽になり、元気になって帰っていき

ますが、根本的な事がなにも変わっていないので、またすぐに疲れてしまいます。

 

でも、その方にはそれでいいのかもしれませんね。

 

その疲れを根本的に変える方法は、

 

自分がその繰り返しが嫌になり本当にどうにか

そのパターンを変えたいと思った時に変わります。

 

 

そんな時は、リラクゼーションサロンを受ける時と同じ感覚で、

心のメンテナンスを受けてみるのがおすすめです。

心のメンテナンスは、心の病気になっているから受けるのではなく、

もっと気楽にコリをとるような感覚で受けれるものです。

 

 

関連記事

  1. 悩みの多くは人間関係?!

  2. ソース・ワークショップの感想②

  3. 心理学で完璧な人になれる?

  4. 自分と仲良くする方法

Profile

心理セラピスト
丸山 幸代(Yukiyo MARUYAMA)

ニュージーランドで3年半働き、日本との文化や価値観の違いを目の当たりにした経験から、日本に居た時には疑問に思っていなかった自分自身の考え方などに向き合うようになり、心理学やヒーリングなど精神面に興味を持つようになる。
その後、「人が自分らしく生きる為のサポート」をしたいと思い、溝口あゆか氏主宰のカウンセラー養成講座を受講し、ディプロマを取得。2011年より、リラクゼーションセラピストとして、約8000人以上の心身のケアーに携わる。

現在は、「自分らしく生きたい」という方に、その過程で感じやすい悩みやモヤモヤを一緒にひも解き、本来持っている自分の力を再発見する「個人セッション」や「ワークショップ・講座」などを行っている。


お客様の声 一覧ページ

    登録されている記事はございません。

カテゴリー