心理学で完璧な人になれる?

よく心理学を勉強していると言うと、

「じゃー全然怒らなくて、いつも平静でいられるんですね」って

言われます^^(笑)

心理学を勉強しているから、

怒らないし、

何にも反応しないし、

いつも笑顔でいれるんですね?!

って

そんなはずはありません!!

そもそも心理学を勉強し始めたのは、すごく前に、「自分を愛せるほどにしか、他人を愛せない」って言葉を何かの本で観ました。

その時私の中で衝撃が走りました。

自分を愛する….

って何だろう??????

そんな言葉、教えて貰ったこともないし、

他人を大事にしなさいしか、聞いて来なかった私には、

外国語の様な感じでピント来ませんでした。

しばらく考えて、

私は他人に優しくしなきゃダメって思ってきたけど、自分を愛するってしてきただろうか。。。」

自分を愛せる程にしか人を愛せないなら、

自分を愛する為に、

心理学を勉強してみようって思いました!!

だから、何があっても笑顔でいる人になる為の

心理学ではないのです^^

自分を愛する(自分を知る)

自分のありのまま、そのままの状態を受け入れる事が増える。

(ありのまま=事実のまま)

例えば、怒る事もあれば、落ち込む事もあり、

イライラする事もあれば、ぐうたらな時もある、

ポジティブな状態の自分はOKで、

一般的にネガティブにとらえられてしまう感情の自分はNG

とかではなく、

どんな感情の自分が居ても、そのままで受け止めてあげられたり、

その自分の事を理解できるようになり、自分を否定する事が減ります。

なので、心理学を勉強しても完璧な人にはなれません(笑)

でも、どんな自分でも否定するのではなく、ありのまま理解する事が増え、自分を肯定できたり、自分との信頼は増えていきます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA