心理学で完璧な人になれる?

よく心理学を勉強していると言うと、

「じゃー全然怒らなくて、いつも平静でいられるんですね」って

言われます^^(笑)

心理学を勉強しているから、

怒らないし、

何にも反応しないし、

いつも笑顔でいれるんですね?!

って

そんなはずはありません!!

そもそも心理学を勉強し始めたのは、すごく前に、「自分を愛せるほどにしか、他人を愛せない」って言葉を何かの本で観ました。

その時私の中で衝撃が走りました。

自分を愛する….

って何だろう??????

そんな言葉、教えて貰ったこともないし、

他人を大事にしなさいしか、聞いて来なかった私には、

外国語の様な感じでピント来ませんでした。

しばらく考えて、

私は他人に優しくしなきゃダメって思ってきたけど、自分を愛するってしてきただろうか。。。」

自分を愛せる程にしか人を愛せないなら、

自分を愛する為に、

心理学を勉強してみようって思いました!!

だから、何があっても笑顔でいる人になる為の

心理学ではないのです^^

自分を愛する(自分を知る)

自分のありのまま、そのままの状態を受け入れる事が増える。

(ありのまま=事実のまま)

例えば、怒る事もあれば、落ち込む事もあり、

イライラする事もあれば、ぐうたらな時もある、

ポジティブな状態の自分はOKで、

一般的にネガティブにとらえられてしまう感情の自分はNG

とかではなく、

どんな感情の自分が居ても、そのままで受け止めてあげられたり、

その自分の事を理解できるようになり、自分を否定する事が減ります。

なので、心理学を勉強しても完璧な人にはなれません(笑)

でも、どんな自分でも否定するのではなく、ありのまま理解する事が増え、自分を肯定できたり、自分との信頼は増えていきます^^

関連記事

  1. 悩みの多くは人間関係?!

  2. こころのメンテナンス

  3. 自分と仲良くする方法

  4. ソース・ワークショップの感想②

Profile

心理セラピスト
丸山 幸代(Yukiyo MARUYAMA)

ニュージーランドで3年半働き、日本との文化や価値観の違いを目の当たりにした経験から、日本に居た時には疑問に思っていなかった自分自身の考え方などに向き合うようになり、心理学やヒーリングなど精神面に興味を持つようになる。
その後、「人が自分らしく生きる為のサポート」をしたいと思い、溝口あゆか氏主宰のカウンセラー養成講座を受講し、ディプロマを取得。2011年より、リラクゼーションセラピストとして、約8000人以上の心身のケアーに携わる。

現在は、「自分らしく生きたい」という方に、その過程で感じやすい悩みやモヤモヤを一緒にひも解き、本来持っている自分の力を再発見する「個人セッション」や「ワークショップ・講座」などを行っている。