わたしがセッションに「星読み」を取り入れている理由!

皆さん、こんにちは!
「ありのままのあなたが輝く生き方を引き出す専門家」心理セラピストの丸山幸代です。

今日は、「私がなぜ、星読みをセッションに取り入れているのか」を詳しく書いて行きたいと思います。

星読みとは?

「星読み」とは、自分の出生情報(生まれた日時+場所)から割り出した星の配置図(パーソナルホロスコープ)の読み解きのこと。一般的な12星座占いよりももっと奥深く、あなたの誕生していた時の星の「配置」「サイン」「ハウス」と呼ばれるものを、詳しく読み解くことであなたの資質などがより深く分かるのです。

 パーソナルホロスコープは、「魂の青写真」「魂の計画図」「未来構想」「完成図」などと言われています。

魂の青写真があれば、あなたらしさを生かしてどのような人生を送ることができるのか読み解くことができますし、あなたの無意識な癖や興味・喜びを感じる事、心理傾向、苦手に感じやすい事など、あなたについて様々なヒントも読み解くことができます。

あなたと同じパーソナルホロスコープを持つ人は2万6000分の1と言われているので、ホロスコープを活用すれば「(生まれ持った)自分らしさ」に最短で気づくことができるのです。

ちなみに、私が星読みで活用しているのは「現代占星術」です。「星読み」を未来予測するためではなく、一人一人の心理傾向を読み解くツールの1つとして活用しています。

心理セラピストが「星読み」を取り入れる理由とは

なぜ、心理セラピストなのにパーソナルホロスコープリーディング(星読み)を取り入れているかというと、会話を中心とした心理セッションだけだと、潜在意識(無意識)の思いをすぐに言語化できず、根っことなるビリーフに辿りつくまでに回数や時間がどうしてもかかってしまうからです。潜在意識にあるビリーフ(無意識の信じ込み)は、数限りなくあります。

しかし、パーソナルホロスコープと心理セッションを組み合わせていく事で、あなたの出生図(パーソナルホロスコープ)から読み解いた情報をお伝えながら、今までの人生を振り返えって頂くと、自分らしさを制限してしまうような出来事や記憶を見つけやすくなるという事がセッションを通じて分かりました。 それにより、あなたのどこのポイントをより癒していけばいいか、テーマが絞りやすくなります。さらに、あなたが今世で大切にして行きたい思いに寄り添いながらサポートしていく事ができ、変化が速いのです。だから、パーソナルホロスコープリーディングと心理セッションを融合させたサポートを始めました。

私がCocoro Circle(このサービス)に込めた想い

Cocoro Circleでめざしているのは「不安ベースの生き方から本当に望む生き方へシフトする」こと。

社会や周りの人に認められなければ自分には価値がないと思い込み「人と自分を比べたり」「人に認められる為に頑張り過ぎたり」または「諦め」なんとなく現状維持のまま、日々が満たされないと感じているのなら。

あなたを今より幸せにする答えはすべてあなたの中にあります。そこをひも解いていけるのが、私の提供しているサービスです。

そこでCcocoro Circleは、自分の本質を知る「星読みセッション」と、古い思い込みを解体して癒す「エゴリリース(心理セラピー)」をベースとして、不安や恐れベースの生き方から、自分の心地よいを中心に生きるための変容プロセスを一緒に伴走してサポートしています。

 人は、自分の本当の思いと違う行動ばかりをとっていると、人生がつまらなくなり、このままでいいのか分からなくなるもの。「今の生き方にモヤモヤする」のであれば、今こそ心の状態を「不安ベース」から「心地よさベース」に変えて、本当に望む生き方にシフトするタイミングです。

自分の人生を見直すタイミングは、何歳でも始められます。あなたの命がある限り、気づいた時から見つめ直す事で、あなたの魂が喜ぶ生き方を選択する事ができるのです。

自分を見つめ直したい方は、セッションでお会いしましょう♡

サービスの詳細は こちら

 

 

関連記事

  1. 何をしたらいいか分からない時

  2. RFT基礎コース(10月)・参加者様の声

  3. 苦手な人がいる時、自分の中で起きていた事~その3~

  4. RFT基礎コース(11月)・参加者様の声

  5. 内面の変化で見える世界は変わる

  6. 【RFT基礎コース・参加者の声】自分で自分を癒すセラピー

Profile

『あなたが一番輝く生き方を引き出す専門家』 心理セラピスト
丸山 幸代(YUKIYO MARUYAMA)

ニュージーランドで3年半働き、日本との文化や価値観の違いを目の当たりにした経験から、日本に居た時には疑問に思っていなかった自分自身の考え方などに向き合うようになり、心理学やヒーリングなど精神面に興味を持つようになる。
その後、「人が自分らしく生きる為のサポート」をしたいと思い、溝口あゆか氏主宰のカウンセラー養成講座を受講し、ディプロマを取得。2011年より、リラクゼーションセラピストとして、約8000人以上の心身のケアーに携わる。

現在は、「自分らしく生きたい」という方に、その過程で感じやすい悩みやモヤモヤを一緒にひも解き、本来持っている自分の力を再発見する「個人セッション」や「ワークショップ・講座」などを行っている。