なぜ、やりたい事が分からなくなるのか?探す前に知っておきたいこと

皆さん、こんにちは。
「ありのままのあなたが一番輝く生き方を引き出す専門家」心理セラピストの丸山幸代です。

あなたは「やりたい事が分からなくなってしまった」とか「始めたけど続かない」などのお悩みはありませんか?

「やりたい事が分からなくなってしまった」というお悩みは本当によく頂きます。私のサービスの中でも、その要素に気づけるツールがありますが、それが分かっても、動き出せない方や、しばらくすると分からなくなる方って本当に多いのです。

実は私も、今でも立ち止まり、分からなくなる時もあります。周りの人からは迷いなく突き進んでいるように見られますが、時々立ち止まり、軌道修正しながら自分の心地よさ(ハートの声)を深めているのです。だから、何かを見つけたとしても、しばらくすると分からなくなる事は、よくある事なんです。しかし、答えが見つからない時って、モヤモヤしますよね。

だから今日は、自分が立ち止まった時を参考にしながら、やりたい事が分からなくなった時に、見つめ直して欲しい5つの事を紹介していきたいと思います。

動き出せない時に起こっている 5つの要因とは

自分の心地よさ(ハートの声)を聞き逃している

私は、やりたい事を見つけるのに一番大切な事って、自分との対話だと思っています。私たちの頭は、常に何かの思考が沸き上がっていますよね。その中でも、大きく響くのがエゴの声(恐れや不安の声)なのです。エゴからの声は大きく聞こえるので、無意識にその声が中心になって、動けなくなることも多いです。

なぜなら、エゴが究極に恐れている事は二つと言われています。

〇食べていけるかどうか(生命を維持していきたい)
〇存在価値を失う事(価値ある存在でいたい)

自分を保つために、人間なら誰でも持っている欲求です。生きていくためには、もちろんこの感覚も大切。でも、この声を中心に生きると、これを守るために、新しい事にチャレンジすることが恐くなりやすいです。

そして、私達の中にはエゴの声(恐れや不安)以外にも、自分の心地よさ(ハートの声)という感覚があります。この声は囁くように優しい感覚なので、しっかり自分を感じないと見逃してしまいがちです。自分の心地よさの声は「生きていくため」とか「人と比べてどうか」という感覚ではなく、自分がただ喜びを感じる感覚。

この感覚の広げ方は、前回のブログ「自分の心地よさを中心に本当に望む事なら、必ず叶う理由とコツ」をご覧くださいね。

エゴの声(恐れや不安)から自分を委縮させるか、自分の中の喜びの声を元に拡大していくかでやりたい事も変わってきますよね。だから、自分の中のあらゆる声に耳を傾ける事で、やりたい事に気づける場合もあります。

やりたい事を深く考えすぎている

やりたい事をみつけたい方は「何故それをみつけなければいけない」と思っているのか、しっかり掘り下げてみるといいと思います。やりたい事が見つからないという方のお話をひも解いていくと、好きな事は一杯あるのに、その先の事で悩んでいる事の方が多いからです。

そして、実はやりたい事が見つからないのが悩みではなく「やりたい事が見つからないと幸せになれない」と思い込んでいる事もあります。しかし実際にセッションでひも解いていくと「自分には才能がない」と思い込んで、やりたい事を制限している事も多いのです。

だからこそ「何のためにやりたい事をみつけたいのか」をしっかりと掘り下げてみると、その悩みの本質が見えてきます。

古い行動パターンを繰り返して、今の自分に合う習慣が作れていない

人生は、ほぼ習慣で出来ています。今までの習慣は何からできているかというと、過去からの思考パターン。今まで繰り返ししてきた事は、脳が考えなくても楽に動けるので、つい古い行動パターンを繰り返してしまうのです。

そこから習慣を変えて、新しい意思決定して行く時は、脳が疲れます。だから、新しい事を始める時は、それが自分のスタンダードになるまで時間がかかり、挫折しやすいのです。そのため新しい事を習慣にして行きたい場合は、脳が疲れずに習慣化できるような工夫が必要です。考えずにできるように、目につくところに紙を貼ったり、詰まった時の対処法や行動計画を考えておくと、脳が疲れず習慣化しやすくなると言われています。

だから、新しい事が始められない、続けられない方は、あなたの性格や能力の問題ではなく、脳が続けやすいやり方をしていないだけなのです。

変わりたいと思っていながら、実は変わる必要がない(現状維持がいい)

実は、私達の体の構造をひも解くと、変化を嫌い安全安心でいたいという欲求が強いのです。人間も動物なので、生き残るために現状維持が一番安全。だから、人が行動を起こすときは、「不快をさける」か「快楽を得る」ためと言われています。現状維持より変わる事が、自分の生命のために必要であれば、自然に動いていくし、変わる事より現状維持する事の方がメリットがあれば動かないのです。

私も、人生の方向が大きく変化するときは「現状が辛い」「ここに居たくない」という時でしたからね。あなたがもし今、変わりたいのに動けないとしたら、潜在意識(無意識)は現状を維持する方がメリットがあると判断しているのかもしれません。

現状に疲れている

単に現状に疲れていて、何をしたいか分からなくなる時ってありますよね。私も時々あるんです。どんなに好きな事でも走り続けると疲れる事もあるし、ステップアップする為に立ち止まった方がいいタイミングもあるのです。気持ちが盛り上がらない時は、ゴロゴロしたり、映画を一日中観たり、自然に触れてみるなど、自分がしたい事を思いっきりしてみる事がおススメです。そうやって、しっかり休んで英気を取り戻す事で、やりたい事が見えて来ることもあります。

また、見つからない時は、考えるのを止めた時に見つかる事も多いです。ある一定集中して考えて出てこない時は、リラックスした時に浮かぶ事も多いと言われています。私も歩いている時や、掃除している時にひらめく事も多いです。脳は問いかけると答えを探し続けてくれます。だから、すぐに分からなくても、時が来るまでリラックスする事も大事ですよ♪

まとめ / 心を整えれば、答えが見えて来る!

では、どうすればやりたいことが見つかるのかというと・・・「心を整えること」がまず先なんです。先ほどの「やりたいことが見つからない5つの原因」をよく見ていただくと、ほとんどが「心の状態」であることに気づいていただけると思います。

そう、やりたいことを見つけよう!と思う時、人は「やり方」を探しがちになりますが、「心」が整っていないうちに「やり方」を探しても見つからないんですね。

「心」を整えるとは、
①心をまずは元気な状態にする
②いらない思い込みを手放す
③自分の心地よさを感じられるようにする
ということ。そして、
④コンフォートゾーンを抜ける
という心に切り替えていくこと。この心のベースなしには、「やりたいこと」って見つかりません。だって「やりたい」という気持ちは考えて見つけるものではなく「湧いてくるもの」だからです。

さて、いかがでしたでしょうか?
「やりたい事が分からなくなってしまった」とか「始めたけど続かない」という方は、参考にしてみて下さいね。

自分に必要な答えはすべて自分の中にあります。丁寧に自分を見ていけば、必ず「自分が何をしたいか」は見えてきますよ。そして、見つかってもまた分からなくなるのも人間の特性。もしまた、モヤモヤしてきたら、再び自分をふり返り整えて行けばいいだけなんです。

1人でやっても難しい時は、この心の状態を整えるサポートを、わたしは「エゴリリースセッション」で行っていますので、これを読んで「心を整えたいな」と思った方はセッションに起こし下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。
では、また♪

無意識の古い思考パターンを解体して癒す・個人セッション エゴリリース(心理セラピー)

あなたの出生情報から、あらゆる角度の本質や個性を再発見する 星読みセッション

関連記事

  1. 【RFT基礎コース・参加者の声】自分で自分を癒すセラピー

  2. 苦手な人がいる時、自分の中で起きていた事~その1~

  3. 【RFT基礎講座・参加者の声】自分で自分を癒すセラピー8月

  4. 2021年こそ本当に自分らしい人生の方向性をつ見つけませんか…

  5. 自信が持てない時ってありませんか?

  6. 「不安ベース」な時の心の状態と、その不安を緩める方法!

Profile

『あなたが一番輝く生き方を引き出す専門家』 心理セラピスト
丸山 幸代(YUKIYO MARUYAMA)

ニュージーランドで3年半働き、日本との文化や価値観の違いを目の当たりにした経験から、日本に居た時には疑問に思っていなかった自分自身の考え方などに向き合うようになり、心理学やヒーリングなど精神面に興味を持つようになる。
その後、「人が自分らしく生きる為のサポート」をしたいと思い、溝口あゆか氏主宰のカウンセラー養成講座を受講し、ディプロマを取得。2011年より、リラクゼーションセラピストとして、約8000人以上の心身のケアーに携わる。

現在は、「自分らしく生きたい」という方に、その過程で感じやすい悩みやモヤモヤを一緒にひも解き、本来持っている自分の力を再発見する「個人セッション」や「ワークショップ・講座」などを行っている。