内面の変化で見える世界は変わる

こんにちは!「名古屋/長野県松本市」で、心理セラピストをしている丸山幸代です。

名古屋から松本に引っ越して、1年が過ぎました(^^)/

松本での生活は、快適です。

 

私が2年前位から描き始めた “夢の生活は”

 

「ゆったり開放感がある少し田舎に住み、名古屋にも行きたいときに気軽に行ける生活」でした。

 

それが自然の流れで叶い、松本に住みながらも、名古屋にも頻繁に行けている。

 

でも実は、松本に初めて住むのではなく、

松本で生まれ、20歳まで住んでいました。

 

その後、名古屋やNZ に住んだり、今までの人生で小さな引っ越しを含め、単身で20回位引越しをしてきました。

 

なぜ松本を離れたかというと、

 

今だから言えるのですが、

 

以前の私が感じる松本への思いやイメージは、

 

暗い、寂しい 、置いてかれる

 

なぜか、子供の頃からそんな風に感じていました。

だから、早く違う世界を知りたいという思いをずっと持っていました。

 

今思えば、それが原動力となり、長年色々な所を転々とし、色々な経験をさせてくれました。

 

だから、その嫌な思いにも、実はメリットがあったのです。

 

しかし、そんな思いを感じていた、松本にまた住むことになり、

 

なぜ心地良く住めているのか?

 

それは、私にとっての松本へのイメージ思いが、

 

暗い、寂しい 、置いてかれる

↓↓

穏やか、心地がよい、リラックスできる

 

にある事をきっかけに、変わったからです。

 

自分の内面の思いが変化する事で、

 

見える世界は全く違って見える。

 

そんな事って、よくある。

 

そんな風に松本が心地よくなった頃、10代の頃の知り合いの松本の方と、23年間振りに再会し、結婚する事になり、松本に住み始めました。

 

内側の思いが変わると、想像もしていなかった事が起こる。

 

戻るつもりがなかった、

松本に再び住む事になり、快適に過ごしている。

 

内面の変化で見える世界や起こる事も変化していく

 

外側の世界で自分のすべてが決まるのではなく、

 

自分の内側からの思いで外の世界の見え方が変わる。

 

だから、面白い(^^♪

 

関連記事

  1. 苦手な人がいる時、自分の中で起きていた事~その1~

  2. ソースワークショップ後の気づき

  3. 何をしたらいいか分からない時

  4. 職場でどうしても苦手な人っていませんか?

  5. RFT基礎コース(11月)・参加者様の声

  6. 自信が持てない時ってありませんか?

Profile

心理セラピスト
丸山 幸代(Yukiyo MARUYAMA)

ニュージーランドで3年半働き、日本との文化や価値観の違いを目の当たりにした経験から、日本に居た時には疑問に思っていなかった自分自身の考え方などに向き合うようになり、心理学やヒーリングなど精神面に興味を持つようになる。
その後、「人が自分らしく生きる為のサポート」をしたいと思い、溝口あゆか氏主宰のカウンセラー養成講座を受講し、ディプロマを取得。2011年より、リラクゼーションセラピストとして、約8000人以上の心身のケアーに携わる。

現在は、「自分らしく生きたい」という方に、その過程で感じやすい悩みやモヤモヤを一緒にひも解き、本来持っている自分の力を再発見する「個人セッション」や「ワークショップ・講座」などを行っている。