職場の苦手な人に対して、私が取った行動とは~その1~

こんにちは。

前回、職場に苦手な人がいた時のヒントをお伝えしました。

今日は、実際に私が経験した事をお話させていただきますね。

何年か前に働いていた職場に、苦手な人がいました。

その時はシフト制の勤務だったので、その人と一緒の勤務だと、本当に憂鬱で。

 

そもそもどうして、その人の事が苦手になってしまったかというと、

・価値観が違う

・いつも不機嫌そう

・自分から挨拶をしてこない

そんな理由でした。

 

あなたの周りにも、そんな方はいませんか?

しかし、その頃すでに心理学を勉強し始めていたので、自分なりに探ってみたのです。

 

私にとって【彼女の何が一番嫌なのか?】と。

 

そしたら「自分から挨拶をしてこない」ってことだったのです。

 

今思えば、そんな小さなことでーって思うのですけど(/ω\)

 

その時は、本気でそんな事がストレスだったんですよね。

そして、彼女の行動がどんどん気になって、

自分の中にストーリーが膨らんでいき、

 

「彼女は私だけに挨拶してこない」

「自分の事が好きじゃないからだ」

「今日も挨拶してこない。。。」

そんなストーリーが勝手に広がっていきました。

 

後でわかった事なのですが、彼女は、他の人にも自分からは挨拶していなかったのです。

 

妄想って怖いですね( ;∀;)

 

この「自分の頭の中のおしゃべり」。

 

事実か分からないストーリーがくり広げられている時が一番辛いのです。

 

そんな経験はありませんか?

そんな時に、私がやった事。

 

それは、【私の中の思いを全部受け容れて、認めて上げた】のです。

 

例えば、

「挨拶してこないなんて、むかつく」

「なんで私にしかしてこないのかな、悔しい」

「嫌われているって感じると、悲しい」

「でも、人を嫌いになったらダメって思うから辛い」 とか・・・・

 

ただ、今感じている事に気づく。

 

それだけでも、とても力があるのです!!

今感じている思いに気づくと、

「嫌な出来事に対しての思考や感情」と「私」が同化している状態に、

スペースが生まれ、すこし客観的になれるのです。

 

そして、本当は「挨拶をしてこない」ことが辛いのではなく。

 

「挨拶してこない」と気づいている意識の、もっと下の方に、本音が隠れているのです。

 

どんな本音が隠れているのか。

 

それは、次回お話させていただきますね。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA