内面の変化で見える世界は変わる

名古屋から松本に引っ越して、1年が過ぎました(^^)/

松本での生活は、快適です。

 

私が2年前位から描き始めた “夢の生活は”

 

「ゆったり開放感がある少し田舎に住み、名古屋にも行きたいときに気軽に行ける生活」でした。

 

それが自然の流れで叶い、松本に住みながらも、名古屋にも頻繁に行けている。

 

でも実は、松本に初めて住むのではなく、

松本で生まれ、20歳まで住んでいました。

 

その後、名古屋やNZ に住んだり、今までの人生で小さな引っ越しを含め、単身で20回位引越しをしてきました。

 

なぜ松本を離れたかというと、

 

今だから言えるのですが、

 

以前の私が感じる松本への思いやイメージは、

 

暗い、寂しい 、置いてかれる

 

なぜか、子供の頃からそんな風に感じていました。

だから、早く違う世界を知りたいという思いをずっと持っていました。

 

今思えば、それが原動力となり、長年色々な所を転々とし、色々な経験をさせてくれました。

 

だから、その嫌な思いにも、実はメリットがあったのです。

 

しかし、そんな思いを感じていた、松本にまた住むことになり、

 

なぜ心地良く住めているのか?

 

それは、私にとっての松本へのイメージ思いが、

 

暗い、寂しい 、置いてかれる

↓↓

穏やか、心地がよい、リラックスできる

 

にある事をきっかけに、変わったからです。

 

自分の内面の思いが変化する事で、

 

見える世界は全く違って見える。

 

そんな事って、よくある。

 

そんな風に松本が心地よくなった頃、10代の頃の知り合いの松本の方と、23年間振りに再会し、結婚する事になり、松本に住み始めました。

 

内側の思いが変わると、想像もしていなかった事が起こる。

 

戻るつもりがなかった、

松本に再び住む事になり、快適に過ごしている。

 

内面の変化で見える世界や起こる事も変化していく

 

外側の世界で自分のすべてが決まるのではなく、

 

自分の内側からの思いで外の世界の見え方が変わる。

 

だから、面白い(^^♪